公益社団法人 日本歯科先端技術研究所

日本歯科先端技術研究所


JAPANESE | ENGLISH

設立目的

公益社団法人日本歯科先端技術研究所(JAPAN INSTITUTE FOR ADVANCED DENTISTRY,JIAD)は故山根稔夫初代会長が「国民の医療と福祉の向上」を理念とし、歯科先端医療に関する調査研究、開発および実験並びにこれらの成果の普及に関する教育研修を行い、もって歯科先端医療の普及向上を図ることを目的として、1987年11月20日に厚生省(現厚生労働省)認可を受け、2012年3月21日に内閣総理大臣より公益社団法人の認定を受け2012年4月1日公益社団法人の登記を行い新たな一歩を踏出しました。  会員はこの法人の目的に賛同して入会した個人または団体の正会員、準会員、賛助会員、名誉会員からなり、2014年4月1日現在会員数778名の団体です。  実験・研究はJIADの主要な事業であり、宇部実験所にて主にインプラントに関する実験・研究を行い多数の論文の発表の他、歯科大学等の研究施設並びに企業との共同研究を行い新しいインプラントの開発にも積極的に取り組みその成果を学術講演会・学術会誌・市民公開講座・歯科大学及び歯科大学図書館・厚生労働省および関係施設等に広く情報提供を行っています。  また、教育研修では7地区会のブロックにおいて、歯科医学全般に関する研修会や一般市民を対象とした市民公開講座を開催しております。さらに、公益社団法人日本口腔インプラント学会指定の研修施設として、学会認定講習会を開催し、多くの受講生に好評をいただいています。  当法人は、微力ではございますが、歯科先端医療に関する専門的な知識に関する普及啓発、技術の向上及び国民の医療・福祉の向上に寄与してまいります。
当法人の法人格について(PDF)



インプラントとは?

歯を失った場合、歯科治療では一般的に入れ歯、ブリッジ、インプラントの3つの治療方法から治療計画が選択されます。これらの中で最新の治療方法であるインプラントは、顎の骨にインプラント(人工歯根)を埋め込む方法です。顎骨と結合したインプラントにはアバットメント(支台装置)を連結し、その上に人工の歯を装着します。この治療法はブリッジのように周りの歯を傷つけることもなく、天然の歯と同じ感覚で噛む力を再生させる治療法です。また、天然の歯と遜色ない高い審美性も得られます。いかに一般的なインプラント治療の流れを提示します。

 


(1)顎の骨にインプラントを埋め込むための床(ホール)を形成します。 (2)インプラントを顎の骨に埋め込みます。 (3)インプラントが顎の骨と結合するまでの期間は歯肉で覆って安静を保ちます。
     
(4)インプラントが顎の骨と結合したら、人工の歯冠部分を造るために歯肉を調整します。 (5)歯肉の調整が完了したら人工の歯冠を装着するための支台装置(アバットメント)を連結します。 (6)支台装置に人工の歯冠を装着します。


組織図

組織図


交通アクセス

東京事務局
〒105-0014東京都港区芝1-8-25芝TKビル4F
Tel. 03-5476-2004 Fax.03-5476-2006
浜松町駅:金杉橋口より6分(JR線・東京モノレール)
大門駅:A1出口より6分(都営浅草線・大江戸線)
芝公園駅:A1出口より7分(都営三田線)
日の出駅:西口より7分(ゆりかもめ)




日先研東京事務局